オーストラリア留学に必要な物と不必要な物。

投稿者:

こんにちは。

またまたNanaです。
今回はオーストラリアに持ってきて必要だったもの、持ってきても使わなかったもののリストを書こうと思います。
メルボルンは日本のユニクロ、無印、ダイソー等もあって買えるものも多いですが、まだまだ不便だったりして大変だなって感じる事がたくさんあります。あっても高かったり、サイズが異なったりします。

その中で私的にこれは不必要だった物、必ずもってきたほうがいいもの、持ってきて正解だったと思ったものを書きたいと思います。

【不必要だったもの】
ドライヤー(電圧が違うので火を噴きます!海外対応のもので240vまで対応してるものなら日本から持ってきてもオッケー!こちらでも$10か、$15くらいで買えます)

コテ (これまた日本と違うので変圧器を使うか、海外対応のものなら可)

ヒールの靴 (これは住む場所や仕事によりますが、私個人的に履く機会はなかったです。ただ、少しお洒落していかなければいけない場所に行く時は必要。こちらで買えるのでその機会が来たら買えばいいとおもいます。特別日本からは持ってこなくて平気でした。でも、足が小さい人は持ってきたほうが良いです。なかなか小さいのがありません。)

変圧器 (今まで一度も使ったことないです。最近の電化製品はパソコンデジカメ、携帯等は、100v~240vまで対応と書かれてるものが多いので、変圧器なしで充電出来ます)

日焼け止め(こちらで買えます。こっちで買ったほうがオーストラリアの紫外線対策をしてくれているのでしっかり守ってくれます。)

【必ず持ってきたほうがいいもの】

サングラス(海外の物は鼻の高さが合わなかったりするので日本で買ってきて良かったです。紫外線強いのでサングラス必須!!きちんと目を守ってくれる性能があるものがなお良いです。)

キャップなどの帽子(ファーム行く時に紫外線から守ってくれる為)

変換プラグ(日本からのパソコンや携帯電話もこれさえあれば充電出来ます。オーストラリアでは買えないので何個かあると便利!)

SIMフリー携帯電話(こちらでSIMだけ買って携帯が使えました。オーストラリアでも携帯電話とプランが一緒の契約が出来るのですが24ヶ月契約が多いのでワーホリとかだと契約出来ない事があります。SIM解除もかなりのお金がかかるので日本で買っておいたほうが良いです。)

衣服類(朝と夜とで寒暖差があるので夏でも軽いカーディガンのような羽織や、冬ですとコートやセーターなど、割と幅広めに必要。ヒートテックなどはこちらでもありますが日本の2倍近くします!買っておいたほうが便利。)

スニーカー(シティーは結構歩ける範囲なのでみんなかなり歩きます。)

筆記用具(出入国カードを記入するのに必要です)

パソコン(携帯よりも幅広く使えます。行く学校によってはパソコン必須です。)

日本の銀行のインターネットバンク(デビットカード付のものだと直接現金を持ってこなくて良く、現金が必要時に引き出すことが出来ます。安全性と便利性を考えるとこれはかなり使えます。インターネットで残高確認も送金も簡単に出来ます。)

常備薬(こっちの薬は強さが違います。)

パブロン

【あると便利だなと思ったもの】

卵焼き用フライパン(簡単な物を作るときにかなり使えます。こちらで買うとかなり高いです)

日本の化粧水(現地でも買えますが値段が違うので2、3個あると便利)

ウォータープルーフのウインドブレーカー(雨が多いので少しの雨の時に便利。またファームでも使えます)

電子辞書(なにかと便利)

小さい財布(スリ防止にもなるので小さい方が便利)

1、2着 お洒落着(急に友達と遊びに行ったりする時あると便利。私個人的に日本の服の可愛さは全然違います)

折りたたみ傘(メルボルンは雨が突然降り出したりするので、鞄に入れとくと重宝します。)

つめきり(切れ味が全く違います。)

アイボン、目薬(花粉の多いときに重宝します。)

スリッパ(海外の家だと土足で家の中で生活する事が多いのですが、スリッパがあれば足が汚れず、靴も履く必要がないので便利です。ビーチサンダルなどでも平気でした!スリッパはこっちは高いです。)

サンダル

生理用品(日本の物の品質が一番いいです!タンポンも日本のようなのはなく、衝撃的な形。笑)

リュック(学校行く時や重いものを運ぶ時両手が使えるのであると便利)

洗濯用ネット(冬場は特に乾燥機を使ったりする事が多いので無いと服同士がこんがらがってしまうのであると便利)

日本語の参考書(日本語で理解したい時に便利です。いまやネットがあるので必要ないかと思いましたが、特にIELTS/TOEICを受ける人は持ってきたらよかったと言う方が多いです。)

ホッカイロ(ダイソーで売っていますが高いです。)

ストッキング(日本でよくある着圧などのストッキングなどはないので買っていった方が良いかもしれません。)

日本製ストッキング

保温できる魔法瓶(アジアンショップなどで購入できますが2.3倍の価格です。
メルボルンは寒いので冬は特に重宝します。お水などを運ぶのにも便利。)

ポケットティッシュ(買わないとないので日本のような薄くて質のいいものはもってきたほうがいいかもしれません。)

ハンカチ(こっちではあまり使わないのでデパートにしか売っていません。ダイソーには売っていましたが高いので持ってきたほうが良いかもしれません。)

まとめてみましたが、参考になりましたか?
色々書きましたが、持ってくるものは人によって様々なのでご自身の生活スタイルに合わせて検討してみてくださいね!

ちなみに、ホストファミリーと暮らす予定の方はお土産等も買っていくと喜ばれます。
何人か受け持ってる方だと伝統的なものはもらっていることが多いのでお菓子とかでも喜ばれると思います。

オーストラリア生活を楽しんでくださいね!何か質問があればiae留学ネットまで遊びに来てください~!

Nana

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added