こんなにある幼児教育の就学の道

投稿者:

皆さん こんにちは。

最近日本人留学生の方でも幼児教育でさらなる進学、もしくは最初から大学を目指す方が増えてきました。どんなコースの道があるのか、今日は少し解説していきます

<幼児教育コース一覧>

~専門学校レベル~

  • Certificate III Early childhood Education and Care                      期間:9か月から1年 英語:IELTS 5.5 相当

このコース終了でオーストラリアの託児所で働けるようになります。このコースが最低レベルの託児所ではたらける資格です。実習120時間コース内に入ってます。

  • Diploma of Early childhood Education and Care                       期間:1年から2年 英語:IELTS 5.5 相当

このコース終了でいわゆる託児所でのセンターマネージャーの学歴資格を満たします。      (これで卒業生ビザの申請はOK)そのほかセンターマネージャーとしての勤務経験数3年   フルタイムが正規資格認定(ビザ申請用)には必要です。

Childcare のビザに関する詳しい説明はこちら

~大学レベル~

  • Bachelor of Early childhood Education                             期間:3年 英語:IELTS 6-6.5相当

ほぼ開講されているのは以下の4年コースですが、ACECQAという幼児教育認定団体に認められているコースであれば幼稚園教員としての登録も可能になる可能性があります。上記のDiplomaコース終了の方は大体1年免除になり、2年間で卒業が可能です。またセンターマネージャーとして働くために託児所での勤務年数を稼いで、Bachelor卒業と同時にセンターマネージャーとして働き始めるような時間にしてもよいかもしれません。

  • Bachelor of Early childhood Education                                                                                                                              期間:4年  英語:IELTS 6-7相当

4年のコース終了で幼稚園教諭として、登録が可能です。教えたい州の登録+この職業でビザ申請をお考えの方はAITSLという団体にも申請が必要になります。州によってはいくつか追加で取得しなければならないテスト結果が必要な場合もあります。また英語免除規定の年数に達していないと判断された場合は英語の高い基準も満たさないといけません。このコースも大体Diploma保持者は1年コース免除になり、3年間で卒業が可能です。

~大学院レベル~

  • Graduate Diploma of Early childhood Education                                                                                                            期間:1年 英語:IELTS 7相当

オーストラリア国内でわずか2校が開講しているこのコース!今注目の1年幼稚園教諭コースです。このコースはもうすでにほかのコースを卒業して、卒業生ビザで滞在しているが、それが終わってしまったら長期滞在する手段がない!という方におすすめです。ただし登録には高い英語力が必要となります。またこのコース終了後、関連のあるMasterコースなどへいかれて2年のコースを期間をつくることも可能です。このコース入学には大学卒業レベルが必要です。

  • Master of Teaching (Early childhood)                                                                                                                                 期間:2年 英語:IELTS7-7.5相当

まさに教員免許の王道です。入学前、入学中にもさまざまなテストをうける必要があります。また登録時には英語免除の基準を満たしていない限り、高い英語力が求められます。                             詳しくはこちら

コロナ禍でますます人気が高まっているこのコース、幼児教育はやりがいもあり、   女性の働きやすい職場としても大人気です。長期滞在を目指される方は、英語力が高ければ高いほど色々な可能性が生まれてきますので、コース就学前・中に英語力の向上をお勧めしております。

幼児教育に関するお問い合わせは下記までお気軽にどうぞ