ITバックグラウンドなしでも入学できる?!Master of IT

投稿者:

みなさんこんにちは!
iae留学ネットです

ワクチン接種率が急激に上げる一方で、感染者数も増え続けるオーストラリアからお送りします

デルタってすごい感染力なんですね

コロナパンデミック以降、IT系の仕事の需要がすごい!ということがさらに明らかになったかと思いますが、IT系コースに関するお問い合わせもぐんぐん増えています

IT関係は働く場所を選ばない技術職として注目を集めていますが、IT言語などの使用により実際の言語が通じなくても仕事が可能な場合があったり、ワールドワイドに活躍できる可能性のある職業です。

オーストラリアでIT系の職業として仕事をする(VISAを取得する)にはACS(Australian Computer Society)という職業団体への登録が必要となります

登録のためにはACSから認定されたコースに通うことが一番の近道!すでに認定されているコースなら卒業すればACS登録が確実です

(認定されていないコースでも別途申請すれば登録可能な場合もあります)

登録には大学学士(Bachelor)以上の学歴が必要ですが、今回は日本で4年制大学(ITと関係ない学部でも)を卒業された方が受講できる、

Master of ITのコースをご紹介したいと思います

このコースの第一のメリットはバックグラウンドがなくてもITのコースに入学でき、かつMasterという学歴も取得できる点です

しかもMasterは通常2年間なのでBachelor(3年間)を勉強するより早く卒業でき、

その分もちろん費用も節約できます

大学によっても異なりますが、IT分野の中から専攻を選べるコースもあります

専攻の一例はこんな感じ

Business Information Systems
Cyber Security
Data Analytics
Interactive Media
Internetworking
Software Development

コース中にはインターンシップが含まれているものもあったり、科目自体がプロジェクト形式(企業案件形式)だったり、実際の企業案件を扱うIndustry Experienceが含まれていたりするコースも増えてきており、就活の際に有利

また、大学によっては専攻などは設けておらず、幅広くIT業界への就職に必要な科目を勉強していくジェネラルなITコースを開講している場合もあり、こういったコースは専攻を選べないな~という方におすすめ

2021年9月現在、コロナ禍のため、かなりの奨学金が出ていることもあり、過去最安値で勉強できちゃう場合もあります。

Master of ITに関しては弊社までお気軽にお問い合わせください。